Public Benefit Activities

一般財団ザ・ブラフ・クリニックは150年間の横浜の外国人コミュニティーによって経営されていた診療所と病院への歴史をたどります。当財団は横浜山手で医科と歯科診療所を英語と日本語でサービスを提供しています。 また当財団は、神奈川県で様々な適切な公益プログラムをサポート、そして提供します。 Below is the list of our Public Benefit Activities.

私達は期間を限定し救急用具箱(包帯、はさみ、ピンセット、綿棒、マスク、温度計、応急手当テープなど)を神奈川県内に所在する非営利目的の小中学校限定に寄贈します。 資金援助等審査委員会で応募校を選考します もしこれ以外の救急用具の提案がありましたら考慮の為詳細を提供して下さい。申し込みはこちら!

2.多国語による医学小冊子

Two versions :

  • A paper publication of medical booklets to help non-Japanese speakers access the Japanese medical system. These booklets include a bilingual guide/tool for non-Japanese speakers to explain symptoms to a Japanese doctor. Distribution of such booklets to schools, institutions, embassies and businesses were people would benefit from these booklets. If you would like to have some deposited at your institution or company, please contact the Bluff Clinic by email (see above).
  • A digital app: Based on the paper version, we developed a digital application (available on iOS or Android) for smartphones or tablets. 12 languages supported : English, Chinese (中文), Korean (한국어), Español, français, Deutsch, Português, Thai (ภาษาไทย), Bahasa Indonesia, Bahasa Malaysia, russian (русский), Vietnamese (Tiếng Việt). FREE OF CHARGE!

3.地域健康・医療関連のパンフレット

季節ごとにその季節における病気や健康トラブルの対象方法を記載するなど、様々な健康・ 医療関連の情報を記載したパンフレットを作製し地域施設やコミュニティーに配布します。

救急処置トレーニングを行う又は活動資金の支援をします。 素人に医療緊急処置のトレーニングを教える目的です。

5.非営利的な医学組織への寄贈

Presentations are organized to raise awareness of medical situations or issues that our community could be facing or may need to interact with.

トップへ戻る